読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりの中で

くるみとジジと日々のできごと。

ジジが帰ってきた

一ヶ月ぐらい前からジジが顔を見せなくなったので、「きっと死んでいるよね」とオトーと話していたら、昼過ぎにひょっこりとあらわれた。 いったいどこでなにをしていたのやら。 ジジのために買っておいたキャットフード、次に来るかもしれない外ネコのため…

二代目ジジ

家に現れてからかれこれ2ヶ月にもなるのに、餌をやろうとしたらシャーって威嚇される。 なんなの、この子? 初代のジジと性格がまるで違う。 それでも顔を見たらついごはんをあげてしまうわたしは猫好きです。

黒猫ジジ

ジジはオトーから鰹のタタキをもらって大満足の様子。 いつもこのデッキでしばらく休んでから、どこへともなくふらっと消えて行きます。 彼はノラちゃんです。

ジジからのプレゼント

いつもごはんのお世話になっているお礼に、ジジがシオカラトンボをつかまえてきてくれました。 まだ生きています。 申し訳ないけど受け取れません。 シオカラトンボ(まだ生きています)

帰ってきたジジ

来た時も突然だったけど、いなくなったのも突然。 カラスか鳶(トビ)にさらわれたのか、それとも誰かに連れ去られたのか、あれこれ想像してみるけどまったく見当がつかない。 不思議なのは、M美ちゃんが買ってくれた2本の猫じゃらしがジジがいなくなったと…