読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりの中で

日々のできごと。

ついに帰国を果たす

午後3時、定刻通り関空へ到着。
事前に連絡してあったので、Iちゃんの弟とオトーが迎えに来ていた。
弟のRV車の後部座席にIちゃんを横たえて、kenが助手席に乗り、私とくるみはオトーの車に分乗して、途中でトイレ休憩を一回はさんで一気に家まで走る。

家についてすぐIちゃんをベッドに寝かせて、疲労困憊していた私とkenは倒れこむように眠った。