読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりの中で

くるみとジジと日々のできごと。

四国遍路<その8>

40番 観自在寺からスタート。

この日は一日中雨。

f:id:ejiatsu:20170226162847j:plain

 

 

宇和島市の「旬膳・郷土膳 和日輔」で昼食

f:id:ejiatsu:20170226162902j:plain

 

41番 龍光寺

f:id:ejiatsu:20170226162920j:plain

 

このあと、42番 仏木寺、43番 明石寺、46番 浄瑠璃寺、47番 八坂寺は雨足が

強くて写真が撮れなかった。

四国遍路<その7>

自分で車を運転して行ける範囲を超えたので、四国で一番遠い札所からツアーバスで遍路旅を再開。

f:id:ejiatsu:20170222192917j:plain

 

  

36番札所 青龍寺高知県土佐市

f:id:ejiatsu:20170222192930j:plain

 

 

昼食を挟んで37番岩本寺に参拝。

f:id:ejiatsu:20170222192942j:plain

 

 

f:id:ejiatsu:20170222192954j:plain

 

 

f:id:ejiatsu:20170222193005j:plain

 

 

f:id:ejiatsu:20170222193020j:plain

 

順番通りに行けば38番の金剛福寺だけど、足摺岬で泊まる予定

なので延光寺を先にお参りする。

 

39番 延光寺 

f:id:ejiatsu:20170222193031j:plain

 

38番 金剛福寺足摺岬) 

f:id:ejiatsu:20170222193042j:plain

 

 

f:id:ejiatsu:20170222193052j:plain

 

 

f:id:ejiatsu:20170222193114j:plain

 

 

f:id:ejiatsu:20170222193136j:plain

 

 

f:id:ejiatsu:20170222193201j:plain

 

 みさきホテルに宿泊

f:id:ejiatsu:20170222193210j:plain

アボカドディップ

ラスベガスのkenの家で食べたアボカドディップを思い出して作ってみた。

f:id:ejiatsu:20170217065745j:plain

作り方

アボカド   1個

レモン    小さじ1

オリーブ塩またはハーブ塩(お好みで)少々

 

アボカドはフォークの背中で潰す。

アボカドは空気に触れるとすぐに黒く変色するので、レモンは酸化防止に

もなる。

広告を非表示にする

ジジが帰ってきた

一ヶ月ぐらい前からジジが顔を見せなくなったので、「きっと死んでいるよね」とオトーと話していたら、昼過ぎにひょっこりとあらわれた。

いったいどこでなにをしていたのやら。

ジジのために買っておいたキャットフード、次に来るかもしれない外ネコのために捨てずにとっておいてよかった。

ひと月見ないあいだに、なんだか大人っぽくなったような気がする。

「シャー」って威嚇しながら餌を食べる癖は直っていないけど。。。

f:id:ejiatsu:20170212185307j:plain

広告を非表示にする

昔なじみの定食屋さん

 

子どもたちが小さい頃から通っている定食屋さん。

2年前までは座敷席だったけど、去年からテーブル席にリニューアル。

これでゆっくりと食事ができる。

なので、リピート率がぐんと上がる予感。

 

f:id:ejiatsu:20170212142926j:plain

当て逃げ事故

ジムの帰りにスーパーへ寄った。

買い物を終えて駐車場へ行くと、助手席側のドアとステップが大きく凹んでいた。

車を停めてから買い物を終えて出てくるまでの20分くらいの間に当てられたらしい。すぐに110番しておまわりさんに来てもらった。

おまわりさんから車検証と自賠責保険証、免許証の提示を求められ、その後傷ついた車の写真を撮っているときおまわりさんの持っている無線機から、「マクドナルドに防犯カメラがついている・・・」という声が聞こえた。スーパーの敷地内にマクドナルドがあるのだ。ということはスーパーにも防犯カメラはついているはず。

犯人が見つかる可能性がある。

現場検証が終わってからおまわりさんが書類を片付けながら、「犯人が見つかった場合は車の修理代を弁償させることができるけど、もし見つからなかったら・・・・」

運が悪かったと思ってあきらめるしかないということなのだろう。

怪我のない事故だったから大げさに騒ぎたてるつもりはないけど、事故よりショックだったのは家へ帰ってからのオトーの対応。

私の説明をひととおり聞いてからオトーが車の傷を見に行った。

見てきてひとこと「あの車の傷はどこかの壁か石にこすりつけた痕やな」と。

私が嘘をついているといわんばかりの言い方。

もし自分で壁か石にこすったのなら、わざわざおまわりさんを呼んだりするだろうか?

その後、保険会社に電話してどこまで保険でカバーできるか問い合わせると、当て逃げの場合は自損事故として取扱いますと。

5万円の負担で済むならと、ほっと胸をなでおろす。

 

が、怪我の有無を確かめもせず、車の心配だけして、なおかつ事故の信憑性まで疑われた心の傷のほうがよほど大きい事故だった。

 

 

 

 

広告を非表示にする