ひだまりの中で

日々のできごと。

机の上がごちゃごちゃ

最近、年をとったせいか身のまわりの物が増えている。

一番増えたのは薬類。

目薬、洗眼用液、眼の洗浄綿、睡眠導入剤、レストレスレッグス症候群のパッチ、かゆみ止め2種類、メンタームクリーム(ひじ、ひざのザラザラ)など。

今年はあまりにも暑かったせいか、蚊が出なかったのでキンチョーの「蚊がいなくなるスプレーを一回しか使わなかった。

 

f:id:ejiatsu:20200905044911j:plain

 

排水溝の詰まり

オトーが浴槽のお湯を抜いたら排水パイプから水が逆流して吹き上がってきたらしい。

どこで詰まっているのか確認しようと浄化槽の蓋を開けてみたら

なんだこれは!!

得体の知れない塊がごっそり。

 

f:id:ejiatsu:20200825154003j:plain

 

不気味な植物??根っこらしきものも見える。

f:id:ejiatsu:20200825154016j:plain

家を建てて40年あまり。

ここの蓋を開けたのはたぶんはじめて。

ということは、40年間かかってこの植物は増殖してきたわけだ。見えないところでいろいろなものが増殖を繰り返されているにちがいない。

おそろしや、、、

 

窮屈になったジムのルール

ジムの歩行プールで山本さんと話しながら歩いていたら、「会話はおやめください」と注意された。

ウォーターインモーションでも、離れろ話すな、と言われる。インストラクターは笑いながら言っていたけど、目が笑っていなかった。

そりゃ、一人でも感染者が出たらジムは閉鎖され、スタッフは自分たちの死活問題になるから理解はできる。

でも、高齢者の我々にとって、体力作りが目的半分であとの半分は時間つぶしとおしゃべりを楽しみに行っている。少なくとも私の場合は。

帰るとき、フロントで「マスクの着用をお願いします」と言われた。普段はつけているのに今日に限って忘れていたのだ。

そもそも、入館するときはアルコールで手の消毒はしているけど、帰るときはべつにしなくてもいいと思うんだけど。。。

過保護か虐待か?

いままで6畳の和室で寝ていたくるみのふとんを、オトーがリビングへ持ってきた。

和室が暑いから、という理由らしい。

暑いと言ったって、くるみがうちへ来てからずっと同じ場所で寝ているのに、いまさらなにを、という感じ。

いままでリビングから和室を通って洗濯物を干しにベランダへ出ていたのに、出入り口を塞がれて不便このうえない。

オトーは自分の部屋を通って洗濯物を干しに行けばいいと言う。

なんでわざわざ遠回りしてそんなことをしなければいけないのか。

リビングの掃除だってくるみが寝ているあいだは掃除機がかけられない。

 

f:id:ejiatsu:20200819152431j:plain

 

この頃オトーはくるみに朝から晩まで餌を食べさせようとやっきになっている。いつ見てもくるみの前に座って、何種類も買ってきたドッグフードをとっかえひっかえ食べさせようとしている。

17歳のくるみは人間で言えば90歳。

いくらオトーがムキになっても、食べたくないときは口を開けない。しょせんは動物だから人間に忖度したり気を使ったりはしない。

ほかに生き甲斐がないのだから仕方がないとはいえ、生活に支障がでるようなことはやめてもらいたい。

f:id:ejiatsu:20200819152649j:plain

くるみ

 

紅茶キャラメルパフェ

きのうはお盆休みが終わったのでジムへ行くつもりだったのに、熱が出て行けなかった。37.4℃。一瞬、コロナを疑ったけど、症状から熱中症らしいと判断する。

 

今日はジムへ行ったけど、気軽に話せる知り合いの人がひとりも来ていなかった。1時15分からの「楽らく燃焼」に入らず、クロールを30分泳いでおわり。

暑い中、がんばってジムへ来たのに家へ帰るには時間が早かったのでチャフへ寄る。甘いものが食べたかったので「紅茶キャラメルパフェ」を注文したものの、あまりにも量が多いので食べきれるだろうかと思ったけど、とてもおいしかったのでみごとに完食。

 

f:id:ejiatsu:20200819025233j:plain

紅茶キャラメルパフェ

 

セミ

寝苦しくて眠れず、ベッドでSportyのエンヤを聞いていたら、いきなりジ、ジ、ジーセミの音。

めぐがセミを捕まえてきたのだった。

めぐは褒めてもらえると思ってか、それとも自慢するためか、ねずみや雀を捕まえてきては家に持ってくる。

出入り自由にしているから仕方がないとはいえ、これからもずっとこれをやられたらと思うと先が思いやられる。