読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひだまりの中で

日々のできごと。

メイちゃん誕生!!

夜中にトイレに起きて携帯のメールをチェックしたのが原因か、午前2時に目がさめてそれきり眠れない。S平からのメールがきていないか何度も携帯をのぞく。

人は生まれる時は満潮で、亡くなる時は引き潮でと昔聞いたことがある。信じているわけではないけれど、満潮の時間を調べてみる。今日の午前7時の満潮時に出産するのか。。。

午後3時過ぎ、無事出産したと電話が入る。
3,300gの女の子。メイちゃんと決定。

ばんざーい。

陣痛がはじまる

Mちゃんの陣痛が始まったので入院したとS平からメールが入る。

出産予定日より10日早い。

「出産予定が5月なのでメイにする」と聞いていたので、もしも4月に生まれたら名前をどうするのだろう。別の名前も考えているのだろうか。それに、検診で90%女の子と言われているとはいえ、100%ではないのだから、もしも男の子だったらどうするの。

生まれる前に名前を聞かなければよかったと、新米オババは余計な心配をしながら、今か今かと孫の誕生を待ち望んでいる。

広告を非表示にする

歯医者

 

歯の定期検診に行く。

左下の奥から3番目に被せた詰め物に難あり。
近いうちに治療に行かねば。

姉からもらった甘夏でマーマレードを作った。

家庭菜園に目覚めた兄から新玉ねぎができたから取りに来いとメールが入った。
期待して行ったのに、直径5センチくらいのがたった3個。
ただでもらうのだから文句は言えないけど。。。

広告を非表示にする

どうしたチビ!

 チビにチキンの燻製をやったら、もうすごい勢いで食いついてきた。

食べているあいだに頭をナデナデしても怒らないし、体を触っても逃げようとしない。それどころか、喉を鳴らしてスリスリしてくるではないか。

チキンの燻製がよほどおいしかったのかもしれないけど、今朝キャットフードをやったときは憎たらしい顔してシャーって威嚇してきたのに、この変わりようはいったいどうしたことだろう。

首っ玉をつかまえて裏返して確認してみたら女の子だった。

f:id:ejiatsu:20170419122454j:plain

 

広告を非表示にする

チビ

 夕方、餌をやるときチビの頭をなでたらスリスリしてきた。喉をゴロゴロならす。
チョ~可愛い。

f:id:ejiatsu:20170518174642j:plain

広告を非表示にする

健康診断と5種混合ワクチン

今日はくるみの体調が良さそうなので、5種混合ワクチンと健康診断を受けてきた。

特に健康に問題はないけど、偏食というか、ドッグフードを食べないでジャーキーばかり食べるし、食欲があるときでもチキンしか食べないので獣医さんに相談したら、「贅沢病に効く薬はありませんからね」とやんわり釘をさされる。

うまいことを言うな、と関心しながら犯人(オトー)の顔を見る。

ドッグフードの食いつきを良くするためにあげていたトッピングのジャーキーの量が徐々に増えて、今ではドッグフードよりトッピングの方が多いくらいだ。

それを止めるために、ドッグフードを食べないときは無理やり食べさせないでしばらく放っておこうね、ってオトーに何度も言っているのに、私がいなくなったらその隙にジャーキーを与えているらしい。

そのうえ、次々と新しいおやつやドッグフードを買ってくるのでどんどん溜まる。

溜まったドッグフードとおやつはジジとチビの外ネコが食べてくれるので困ることはないけど、いくらなんでもやりすぎだろう。

 

動物病院で緊張したらしく、ぐっすり寝ているくるみ。

f:id:ejiatsu:20170423142414j:plain

夜中の攻防

朝から調子が悪そうにしていたくるみ、お昼のご飯を食べない。
お腹がギュルギュル鳴って苦しそう。
抱っこして欲しいのか足元にくっついて離れようとしない。
しばらく抱っこしていたら、今度は自分から降りようとする。お腹が痛くてじっとしていられないらしい。
この調子ではご飯どころではないかもしれないのでしばらく様子を見る。
気になりながら昼食後、ジムに出かける。
帰ってきたら居間の自分のベッドで寝ていたくるみが、トコトコ歩いて出迎えてくれた。

 

先月、kenが東京へ行ってから、時々くるみと一緒に寝るようになった。くるみもそれが習慣になってしまったようだ。
いったんは自分のベッドで寝るけど、夜中に目が覚めたらベッドに入れろとせがまれる。

ゆうべは夜中の1時過ぎに目がさめて、くるみにオシッコさせてそのまま寝ようとしたら、くるみがベッドの下でせつなそうな声でキューンとないた。

ここのところ熟睡できていないので、今夜はひとりでぐっすり寝ようと思っていたけど、それは私の都合であってくるみに理解できるはずもない。

仕方なくベッドに入れてやる。よほど嬉しかったのか、機嫌がいいときにいつもやるホリホリダンスをして、体をべったりくっつけてきてひとつ大息をつき、やっと眠りについた。

広告を非表示にする